20日はあいにくの雨。

アワイチバイクライドも無念の中止。

じゃー、前向きに検討して、

年に一度は食べたくなる「カキオコ」

定番の「たまちゃん」へ

DSC_2273


昼を外して、14時前到着。

相変わらず凄い人。

待つこと1時間。

普段、絶対並んでまで食べることはないのですが、

ここは、なぜか待てる。

店内は相席当たり前。

事前に注文してあるので、座ってすぐに出てきます。

DSC_2274


興奮しすぎて手振れ写真です。

あー、これよ〜これこれこの味とこの大粒の牡蠣たち。

ここでしか味わえない、この味覚。

堪能した後は・・・

口直しにデザート散策。

OKぐーぐる

ぐーぐる先生が教えてくれた「坂越」

へぇー「坂越」なんて知らんけど、まぁいっぺん行ってみよう


「坂利太」を目指す。

10113020


めちゃくちゃ旨いソフトクリーム。

そとの皮がパイ生地で最高。

こんな田舎に似合な過ぎる都会の味。

これは絶品やでぇ。

旨すぎて写メ取り忘れてしまいました。

痛恨のミス

そして、

風情のある街並み。

近くの無料駐車場に車を止めて、街並み散策。

DSC_2278



こうした街並みを大切に保存されている地元の方々の

ご努力に敬服します。


また行きたい場所になりました。



坂越(さこし)は兵庫県赤穂市東部の坂越湾に面する港町。
都市景観大賞(都市景観100選)にも選ばれた伝統的建造物群による古い町並みと、
秦河勝聖域の島、生島(天然記念物、瀬戸内海国立公園特別保護地区、
ひょうごの森百選)を包むように広がる美しい坂越湾の眺望で知られる。
播州赤穂産『坂越のかき』の養殖生産地。
坂越は四季折々の貴重な行事や祭礼、
それに伝わる伝統芸能[2]も数多く保存伝承[3]されており、
中でも大避神社の祭礼「坂越の船祭り(瀬戸内海三大船祭り)」は
国の重要無形民俗文化財に指定されている。2018年(平成30年)4月、
北前船の西回り(瀬戸内)航路の主要な寄港地として
坂越に残る関連文化財7件[4] が日本遺産に認定
(日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間―北前船寄港地・船主集落」
日本遺産ポータルサイト)された[5]。
ウィキペディアより